シェア
シェア:

どちらが偉い?常務と専務の違い

どちらが偉い?常務と専務の違い

誰でも社会人になって会社に勤め始めると、会社内で色々な役職名を聞くことになりますね。例えば、社長、部長、課長、などなどです。会社によって呼び方が異なることもあるでしょう。チームリーダー、マネージャーなどと外資系の企業ではカタカナ表記を使った言葉も最近は良く使われているそうです。でも常務と専務という言葉もありますね。あたたは聞いたことがありますか。しかしこれはどちらが地位が上なんでしょうか。役職上どんな違いがあるんでしょうか。

実は知らない人や間違って解釈している人もいるかもしれませんので、こちらの記事では、その常務と専務の違いについてご説明しましょう。

画像:kawamurakazuyuki.com

こちらもオススメ: 会計での資産と負債とは

常務とは

初めにはっきりと言ってしまいましょう。一般的にはこちらの写真のように会長、社長、副社長、専務、常務、職位なしの役員(平役員)の序列になるということがわかります。しかしもう少し詳しく業務という言葉を辞書で調べてみました。すると、こう書かれていました。「常務とは株式会社の役員のうち、社長を補佐して会社の日常の業務を担当する役職。」つまり常務は事業よりの役員ということになります。また、常務とは常務取締役の略です。

画像:count3to1interrupt.hatenablog.com

専務とは

反対に専務という言葉を辞書で調べてみると、このように書かれています。「専務とは株式会社の役員の一。通常、社長を補佐して会社の全般的な管理業務を担当する。」 それから常務とは常務取締役の略です。

つまりこうした意味付けでは専務はどちらかというと管理よりの役員であることがわかりますね。社長のすぐ近くにいる人なので非常に大切な役割を会社の中でしていることになります。

まとめ

つまり一般的に言えば、専務は常務より偉く、地位が上であるということです。これはどうやって覚えておけばいいでしょうか。専務は専門の専という漢字があることからわかるように、専門的な知識を持った偉い人なんです。ですから地位が上です。そう覚えれば簡単に覚えられて、忘れないのではないでしょうか。

大きな会社なら、専務も常務も複数いることもあります。でも、やはりピラミッド型組織が基本ですので、常務より専務の方が多いということはまずありえません。それから取締役の中では専務は常務より上位にあり、会長、社長、副社長に次ぐ役職とされています。

皆さんもこれで専務と常務について正しい認識ができるようになりましたでしょうか。

どちらが偉い?常務と専務の違いと関連した記事をチェックしたい場合は、経済・ビジネスのジャンルから探すことができます。

コメント (0)

どちらが偉い?常務と専務の違いに関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

どちらが偉い?常務と専務の違い
21
どちらが偉い?常務と専務の違い