シェア

ビジネスの場で使用する「プライオリティ」の意味と使い方

投稿者 中田香織. 更新された: 16 1月 2017
ビジネスの場で使用する「プライオリティ」の意味と使い方

社会に出て思うことは、ビジネスの場でカタカナの単語が多いことではないでしょうか?なんとなく意味は分かっていても、本当にあってるのか不安に思うことありませんか?そんな時に素直に質問できればいいですが、なかなか言い出せないのが社会人ですよね。

では、そんな社会人のために、今回はビジネスの場でよく耳にする「プライオリティ」という単語の意味と使い方についてご案内します。

画像:http://www.asociacionperiplo.es/

従う手順:
1

1.「プライオリティ」の意味

priority、英語ですね。意味は「優先事項」、「優先(権)」などです。基本的には「優先」という意味であると考えて頂ければ大丈夫だと思います。

2

2.「プライオリティ」の使い方

例えば、「プライオリティが高い案件」と言われれば、「優先度が高い案件」という意味で使用しているのが分かります。

「当社にプライオリティがある」ですと、「当社に優先権がある」という意味になりますね。

とにかく、プライオリティ=優先であると覚えておけば、大体の意味は分かると思います。意味が分かれば、相手の言わんとしていることを理解して、すぐに動くことができますね。

3

さいごに

いかがでしたか?「プライオリティ」という単語よりも日本語で「優先」という単語のほうが短いし分かり易いので無理に「プライオリティ」を使おうと考えなくてもいいとは思います。ただ、ビジネスの場で耳にしたときには理解できるに越したことはありませんよね。

ビジネスの場で使用する「プライオリティ」の意味と使い方と関連した記事をチェックしたい場合は、経済・ビジネスのジャンルから探すことができます。

アドバイス
  • カタカナのビジネス用語

ビジネスの場で使用する「プライオリティ」の意味と使い方に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

ビジネスの場で使用する「プライオリティ」の意味と使い方
ビジネスの場で使用する「プライオリティ」の意味と使い方

トップに戻る