シェア

プレゼンで緊張しない方法

投稿者 Rina H.. 更新された: 16 1月 2017
プレゼンで緊張しない方法

ビジネスシーンでは、幾度も発言の機会が訪れます。

特に初めて任されたプレゼンや会議の進行、大きなプロジェクトのプレゼンなどは緊張を楽しむ余裕はありません。緊張せずに余裕がある人は、空樽は音が高いかまたは、場慣れしている人、プレッシャーに強い人だと思われます。緊張しないという人のうち、5割が空樽は音が高い人で、4割が場慣れしている人、残り1割がプレッシャーに強いタイプです。1割の人は、日本人に珍しいタイプだと思われます。アスリートでもプレッシャーに打ち勝つためのメンタルトレーニングを行うほどですから、稀な人といえます。

プレゼンで緊張しない方法をいくつかご紹介します。

こちらもオススメ: 会社を休む時の電話の仕方
従う手順:
1

・緊張の種類を知る

緊張には種類があります。

  1. 過去の失敗によるトラウマ

  2. 準備不足による不安

  3. 人前で話すことへの苦手意識からの緊張

それぞれの種類別に緊張しない方法をご紹介します。緊張の種類はいくつ当てはまったでしょうか?

複数当てはまったとしてもそれぞれの対策を行うことで緊張して話すことができない!という状態を回避することは可能です。

2

・過去の失敗を引きずらない

人前で緊張してしまい、声が出ないなどの重傷な人は過去に大きな失敗をしたトラウマを抱えていることがあります。過去の失敗は、過去のものとして成功例を頭の中に描くことが大切です。過去失敗をしたことのない人など全くいないのです。失敗を生かすも殺すも意識次第なのです。

過去の失敗は、なぜ起きたのかを再度思い出し対策を練ることも失敗を引きずらないポイントです。失敗ばかりでなく、小さなことでも構いません人前で話した時成功した例もあるはずです。成功した例を思い出しプラスのイメージを持ってください。

3

・準備不足による不安

事前の準備が足りず、十分な資料を用意することができなかった場合と、十分準備期間はあったかが「準備は十分」という自信から読み上げる内容のメモを作成しておらず、順番が近づくにつれて頭が真っ白になってしまう緊張と2つあります。

どちらの場合も必ずプレゼン内容の順番、内容、特にアピールしたポイントなどをメモとして準備しておきましょう。折角のプレゼンも順番が違ってしまっては、残念な結果になってしまいます。メモをみて話すことは、恥ずかしいことではありません。メモを確認内容としてご自身の中で位置づけ意識してください。

そうすることで「頭が真っ白になったら、このメモを読み上げよう」という安心感に変わり緊張も多少は和らぎます。あとは、プレゼンの内容が進むにつれてメモのある安心感から緊張も忘れてプレゼンに集中することができます。

準備は十分である場合は、内容を何度も復唱することで、声の強弱や間の取り方を工夫しておきましょう。メモにもその指示を書き加えておきましょう。

4

・人前で話すことへの苦手意識からの緊張

人前に出ると足が震え、声が震えてしまいます。そんな時は、プレゼンの前に「息を吸って深く吐く」という呼吸法で緊張を緩和しましょう。プレゼンの時は、人前だと思うだけで足が震え、出す声は弱弱しく震えているという事が何度もありました。その時は、プレゼンの途中であっても「息を吸って深く吐く」とい深呼吸を何度も繰り返しています。そして口角をあげ笑顔を保つように心がけています。

プレゼンの内容が素晴らしいものでも、弱々しい印象を残さないように笑顔だけは保つようにしています。震えてしまう声は、口を大きく開け一つ一つの言葉をはっきりと出すようにして改善します。口の形がはっきりとしていれば、自身が思っているほど声は小さくはないのです。大勢の人前での発表では、声が上ずっても小さなことだと気に留めないようにしましょう。小さなことを気に留めるよりもプレゼン内容が伝わりやすくする、進め方や声の大きさに重点を置きましょう。

言い間違いや言葉が詰まってしまった場合、「失礼いたしました」と一言伝え「深呼吸」をしてから続けて下さい。言葉が詰まったかといって失敗ではありません。最後までやり遂げることが大切です。

5

・プレゼン前に水をコップ一杯飲む

緊張を和らげる効果が高いといわれているのは、プレゼン前コップ一杯の水を飲むことです。お茶やコーヒーではなくできるだけ水を口にしてください。身体を冷やすことにより体の動きがよくなり、筋肉の緊張をやわらげられます。緊張とは、自分の身体が自分でコントロールがきかなくなることです。筋肉の緊張を和らげることで全体の緊張を和らげることができます。水がない場合は、できるだけ人肌に近い飲み物を口にしてください。

プレゼン会場に水を持っていく習慣をつけることで、水=成功のラッキーアイテムという事になるかもしれません。

6

・アンカーリングをする

アンカーリングとは、成功するイメージと連動するしぐさのことです、私の場合のアンカーリングは、右手の甲を左手で握ることです。普段する仕草ではなく、普段しない仕草をアンカーリングとして利用することをオススメします。プラスの成功した時の記憶の中にある仕草をアンカーリングとして用いるとアンカーリングしやすいといわれています。成功したときや嬉しいことがあったプラスのイメージを思い出すことにより緊張を和らげる方法です。成功した時の記憶がないというのであれば、幸せを感じた瞬間や落ち着く風景など記憶に呼び起こしやすいプラスの出来事を使って下さい。

私の場合、母の笑顔がアンカーリングの材料となりました。些細なことでかまわないのです。アンカーリングの材料としては用いるのは。アンカーリングの仕草とプラスの記憶を連動させることで、仕草=プラスのイメージとしていきます。

パブロフの犬という有名な話にあるように、行動や仕草で脳に認識させるのです。

7

・発音の練習

プレゼンの苦手意識として発音があるのではないでしょうか。その場合、「あ、い、う、え、お」と声に出して大きな声で発音する練習しましょう。練習の時、強弱だけでなく、高低もつけるとさらに良いです。また、読む文章を決めておき復唱することも練習になります。その際は、初めての一言と最後の言葉の強弱、協調したい内容の強弱もつけて読みましょう。「、」「。」があるところでは、一呼吸開けるようにしましょう。伝えるだけではなく、伝わった事実がプレゼンに限らず必要となります。

聞き取りやすい間を復唱で覚えておきましょう。

8

緊張しないプレゼンは、ないのではないかと思います。いくつもの努力といくつもの心がけで緩和することができます。緊張しない環境をご自身で作っていくことにより、苦手意識を改善しプレゼンの緊張は徐々になくなっていくはずです。

すぐにできる対策としては、水を飲むこと、準備を怠らないこと、怠慢にならないこと、メモの準備をするということでしょうか。今できることから、始めやすいことから心がけてみてはいかがでしょうか。

心がけで緊張しにくい身体づくり、意識づくりをしてみてください。

プレゼンで緊張しない方法と関連した記事をチェックしたい場合は、経済・ビジネスのジャンルから探すことができます。

プレゼンで緊張しない方法に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

プレゼンで緊張しない方法
プレゼンで緊張しない方法

トップに戻る