シェア

会計での資産と負債とは

投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
会計での資産と負債とは

会社の会計の話では資産と負債は大切なことです。またそれは会社の残高や遺産とも関係しています。自分の会社の資産や負債をよく知るためにも、具体的にどうなっているのかや、色々と比較したりしないといけません。こちらでは詳しく資産と負債について説明します。

こちらもオススメ: 決済とは?意味と使用例

どうして資産や負債が必要か

残高は収入や支出から成り立っています。それは会社の資産でもあります。またそれをしっかり証明する書類もあります。

その書類には資産やその他必要な事項が書かれております。これは自分でも作成できるし、会計士など専門家に書いてもらってもいいです。またオンラインで作成するのも簡単です。私たちの日常のビジネスをこのように簡単にすばやくまとめておく必要があります。

資産とは

資産というのは簡単そうですが、複雑そうにも見えます。要は会社の将来の福利や利益といえばいいでしょうか。

他にも色々な種類の資産があります:

  • 定期または固定資産:会社に一年以上ある資産のこと。不動産など商売したものは含みません。
  • 循環資産:一年以内の資産であるもの。

負債とは

負債とは会社の借金などで返さなくてはいけないものです。また、銀行、サプライヤー、給料、税金ともつながっています。

このような種類があります:

  • 固定負債: 社債や長期借入金など。
  • 流動負債:第三者への 会社の借金で、取引先や銀行との商取引によって生じた負債

会計での資産と負債とはと関連した記事をチェックしたい場合は、経済・ビジネスのジャンルから探すことができます。

会計での資産と負債とはに関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

会計での資産と負債とは
会計での資産と負債とは

トップに戻る