シェア

意外と知らない男のスーツのボタンのしめ方

投稿者 Kollama Yujiro. 更新された: 16 1月 2017
意外と知らない男のスーツのボタンのしめ方

社会人として、正しいスーツの着こなし方は知っておきたいところです。男性のスーツの上着のボタンは、2ボタン、3つボタン、4つボタンとありますが、その正しいボタンのしめ方はご存知でしょうか。知らなかった人は要注意!社会人の方はもちろん、就職活動中の学生さんもしっかり押さえておきたい「男のスーツのボタンのしめ方」をお伝えします。

従う手順:
1

男性のスーツの着方

男性がスーツを着る上で、もっとも気を付けてほしいのが「スーツの一番下のボタンは留めない」ということです。

2つボタンの場合は一番上だけ留め、3つボタンの場合は上から2つを留め、4つボタンの場合は上から3つを留めます。

一番下のボタンは開けておきましょう。この常識を知らない人、意外と多いのではないでしょうか。まだスーツを着なれていない人や就職活動生は要注意です。

全部しめてしまっている人はいますぐ改善しましょう

「ボタンを一番下まで留めないのは、だらしなく見えてしまうのではないか」と考える方もいるかもしれません。しかし、ボタンをすべて留めるとシワが出来やすく、不格好になってしまうのです。

椅子に座ってみると、一番下を留めた時と、留めないときでずいぶん見た目が違うことがわかるでしょう。一番下のボタンは留めないというのが正しいスーツの着方なのです。それでも信じられない人は、テレビなどで政治家などが公の場でスーツを着ている姿を見てみてください。ボタンを一番下まで留めている人はいないはずです。

知っている人にとっては常識なので、知らなかった人はきちんと覚えておきましょう。男性はスーツを着こなすことで、ラフな格好をしている時より、3割増でかっこよく見えるといいます。できる男はスーツの着こなしもきちんとしているものです。

着こなし一つで不格好に見えるか、かっこよくみえるか、その見た目が変わってきます。正しいスーツの着方をしっかり覚えて、スーツが似合うかっこいい男性を目指しましょう

意外と知らない男のスーツのボタンのしめ方 - ステップ1

意外と知らない男のスーツのボタンのしめ方と関連した記事をチェックしたい場合は、就活のジャンルから探すことができます。

意外と知らない男のスーツのボタンのしめ方に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

意外と知らない男のスーツのボタンのしめ方
21
意外と知らない男のスーツのボタンのしめ方

トップに戻る