シェア
シェア:

誰でも簡単にできる!色々な貯金方法のまとめ

 
誰でも簡単にできる!色々な貯金方法のまとめ

デフレ脱却デフレ脱却と言いつつ、まだまだ完全に脱却しきれていない今の日本‥。小麦粉にカップ麺、マヨネーズなどなど、生活弱者にとっての必須アイテムからどんどん値上げされていくにも関わらず、肝心な給料が増えた実感はありません。だからこそ、支出を極力きりつめて、普段の生活で節約されている方も多いのではないでしょうか。お金を貯めるためには余計な支出を減らすことも重要ですが、一概に何でも安ければいい!ということではなく、本当に価値のあるものにはお金を使うべきですよね。何も生まない消費を積み重ねるのであれば、しっかりと節約をしてできたお金を、さまざまな投資に回し、そこから得た利益を貯蓄に回すというのも一つの方法でしょう。生活が苦しくても、何だかんだいって結局貯蓄できている人はなぜそうできるのでしょうか?そこで今回は、そんな貯蓄の方法について、見ていきたいと思います。

出典:tk.ismcdn.jp

飲み物はスーパーで買う

まず即効性のある一つ目の方法は、飲み物はスーパーで買うようにするということです。飲み物は生きていくために欠かすことはできません。のどが乾いたら誰でも飲み物を欲しくなります。しかし、だからと言って安易にコンビニや自販機に手を出してはいけません。確かに、コンビニや自販機は24時間いつでもどこでも冷たい、温かい飲み物を販売していますので、非常に便利です。病気の時や緊急的に必要なときであれば、積極的に使用したい手段ですが、そうでない場合は、我慢するようにしましょう。何も考えずに、なりふり構わず、ただ飲みたい時に飲み物を購入するようでは、お金は貯まっていきません。よく考えてみましょう。ペットボトルの飲み物は、コンビニや自販機だと160円もします。これに対して、スーパーの飲料コーナーでは100円、場合によってはセールなどで68円や58円のような時もあります。最大で約三倍の金額差があります。これは非常に大きいですよね。一回我慢してスーパーで買えば、100円近くも節約できるのです。これを毎日続ければ、一ヶ月3000円の節約になります。これは非常に大きな効果です。このように具体的に考えてみると、コンビニや自販機で飲み物を買うことが、いかに高コストか分かると思います。

出典:https://www.ccej.co.jp

水筒を持参する

コンビニや自販機を我慢して、スーパーで飲み物を買うようにすれば、大きな節約ができますが、さらに水筒を持参すれば、スーパーですら買わなくてよくなります。つまり、飲み物コストを大幅に下げることができるのです。例えば、1日1本買ってたとしても、年間に累積すれば大きな節約効果が期待でき、その分を貯蓄に回すことができます。1日1本90円のペットボトルをスーパーで買っていたとしたら、1年で32,850円にもなります。これがほぼ0になるわけですから、貯蓄効果は絶大ですよね。しかし、急な出張などで我慢しすぎて熱中症を引き起こしてしまうなど、体調を壊しては意味がありません。逆に高くついてしまいます。そのような時には、緊急性を価値とみなして高くても購入しましょう。また、周りのみんなが買っているのに自分だけ買わないというのもよくないパターンです。確かに節約は大切ですが、空気を読むところはしっかり読んで周りに合わせる柔軟性も大切です。周りと上手く付き合っていた方が、将来の出世や日々の仕事がやり易くなるからです。空気を読まずに、「あ、俺水筒があるから大丈夫」と言ってしまう残念な方がいますが、それはやらないように注意しましょう。

出典:www.thermos.jp

通信費用を見直す

次に大きな節約が期待できる方法は、毎月かかる通信費用の見直しです。これはいわゆる携帯代ですね。携帯と言えば、docomo、au、SoftBankの大手3キャリアが有名ですよね。これらのメジャーキャリアとスマホで契約した場合、どこで契約しても大体7000円~9000円かかってきます。以前はMNP乗り換えで、端末代金一括0円キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンなどが盛んに行われていましたので、この金額よりは少し安くなっていました。しかし、ニュースや新聞でも話題になっている通り、政府からこのような販売方法が規制されたため、このようなキャンペーンには期待できなくなってしまいました。データ量を買ったり、有料のダイヤルに電話したりされた場合は、月に2万円を超えるようなケースもあると思います。携帯代がここまで高くなってしまうのは、大手3キャリアで契約しているからです。規制緩和によって、現在では格安SIM通信を可能にしている業者が数多く存在しています。それらを有効に活用するのです。SIMフリー端末さえ持っていれば、通信と通話のSIM契約だけで済み、毎月2000円未満でこれまでとさほど遜色ない使い方ができるようになります。SIMフリー端末を持っていなくても、新品端末とセットで毎月4000円~5000円以下に抑えることも可能です。格安SIMに切り替えるだけで、毎月7000円~2000円も節約できるわけですから、年間にするとかなりの金額が貯蓄できるようになります。是非一度、携帯代は見直してみましょう。

出典:minsetu.com

ガソリンはセルフで入れよう

都市部に住まれている方はあまり関係ないかもしれませんが、地方に住まれている方の場合、車での移動は必須ですよね。自動車は日常的に使用するものだと思います。だからこそ気になるのがガソリンですよね。ガソリンのいれ方一つで、ランニングコストが大きく変わってくるのです。ガソリンは、基本的にはフルサービスのところではなく、セルフで給油できるところで入れるようにしましょう。リッター当たりの金額が大きく変わってきます。自宅から近く、いつもそこにしか行かないという場合には、プリペイドを活用すると尚更良いですね。プリペイドカードは大きな金額を購入するほど、割引率が高まりますので、毎日たくさん車を運転される方はおすすめです。

保険代を見直す

最後に考えられる方法としては、保険を見直すことです。生命保険や医療保険、自動車保険など、万が一のトラブルに備えて私たちは様々な保険に加入しているかと思いますが、これを見直すのです。そもそも保険とは、日常生活の万が一に備えるためのものですから、対象としている日常生活自体が変わってしまえば、当然それに合わせて保険も見直していく必要があります。不必要なプランは外して、そのときに必要なものを必要なだけチョイスして、毎月かかってくる保険料を見直すようにしましょう。

まとめ

以上、誰でもできる簡単な貯蓄方法について見てきました。いかがだったでしょうか?ちょっとしたことですが、少しの我慢と少しの工夫で、年間にすると万単位の貯蓄が可能です。みなさんも是非一度参考にされてみてください。

誰でも簡単にできる!色々な貯金方法のまとめと関連した記事をチェックしたい場合は、お金のジャンルから探すことができます。

コメント (0)

誰でも簡単にできる!色々な貯金方法のまとめに関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

誰でも簡単にできる!色々な貯金方法のまとめ
31
誰でも簡単にできる!色々な貯金方法のまとめ