シェア

退職時のお礼の品の選び方

投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
退職時のお礼の品の選び方

退職時のお礼の品の選び方は、皆さんどうしていますか。これは、人生で、そう何度もやってくる機会ではないですが、やってきたときに、「さて、どうしたものか」とか「さて、どうしようか」などと悩む人が、意外と多いのではないでしょうか。せっかくお世話になった会社、自分の人生の多くの時間を費やした場所、つらかったり、楽しかったり色々な思い出が詰まった会社にお礼をしつつ、最後きれいに終わりたいですよね。そうです。まさに、誰もが「有終の美」を飾って最後会社を去りたいと願っていることでしょう。そんな時、どんな品物を選んで、皆に渡しますか。こちらでは、その答えにお答えしましょう。興味がある方、もうすぐ退職する方で、お礼の品物選びで迷っている方などなど、こちらの記事を是非読んで頂き、参考にしていただければ、と思います。

ハンカチ

まず、辞める人から、部署の人へのお礼の品選びについてご紹介しましょう。もちろん、会社にいる人の性別、年齢、人数などによって、品物選びは変わってくるので、一概に言うのは難しいのですが、ここで私がまずお教えしたいのは、定番で、無難なちょっとしたプレゼントです。それは、なんだと思いますか。もしかしたら、あなたも今これを持っているかもしれませんね。すぐあなたのそばにあるかもしれません。答えは、ハンカチです。これは、昔から、退職時に渡すお礼の品として、よく買われている定番のものと言っていいでしょう。オシャレでステキなプレゼントなので、とりあえず、間違えのないプレゼントといえるでしょう。しかし、最近ハンカチも持ち歩かない若者もいたり、ハンカチのデザイン選びが難しいというのがネックなところです。他には、もっといいプレゼントないの?と思われる方、次も読んでみてください。

お菓子

次にご紹介したい、退職時のお礼の品は、お菓子です。ハンカチだともらっても使う人、使わない人に分かれてしまう可能性もありますが、お菓子なら、まず皆さん、会社で食べてくれるでしょう。お菓子を用意する場合、一つずつ、小分け包装になっているものを選び、人数より少し多めに買っておきます。それから、お菓子を選ぶ際、なるべく日持ちするものを選ぶといいでしょう。会社で長い時間働いていると、甘いものがほしくもなりますし、きっと喜ばれるお礼の品になると思いますよ。和菓子から、洋菓子まで色々なバラエティーの中から選べて、選んでいるこちら側も楽しくなってきてしまうのではないでしょうか。これも、まず、失敗はしないお礼の品物の一つです。是非、あなたの選択肢にいれてみてください。

飲み物

次にお勧めしたいのは、お茶、紅茶、コーヒーなどです。これも、お菓子同様、一人ずつの小分け包装されているものを選び、プレゼントしましょう。これもやっぱり、お菓子のように、会社ですぐ準備して飲めるという利点があります。このような飲み物なら種類も豊富なので、一人ひとりに違う味をプレゼントするという、こった手もあります。多くの会社では、やっぱりお茶、紅茶、コーヒーなどは、よく飲まれますから、お礼の品としてもらったら、困る人はいないでしょう。むしろ、うれしいこと間違いなしです。

スターバックスカード

次の私のお勧めは、コーヒーともちょっと似ていますが、スターバックスのカードです。これを一人ひとりにお礼の品として、プレゼントするのは、いかがでしょうか。これは、コーヒー好きの人、スターバックス好きの人には、たまらないでしょう。もちろん、コーヒーを飲まない人、近くにスターバックスがない人などは、ちょっと困るかもしれませんが、多くの人は、これをもらって喜ぶと思いますよ。もちろん、カードの値段はさまざまです。500円からスタートし、せいぜい一人2000円くらいがいいでしょうか。あまり高すぎるともらった人も恐縮してしまいますから、この値段を上限くらいに考えて、カードを作ってお渡しするというのは、一つの手だと思います。ただし、一つの欠点は、値段が、受け取る側の人にばれてしまうということでしょうか。でも、それはたいした問題ではないと思います。感謝の気持ちを伝えながら、一人ずつに手渡したら、それで十分すばらしいことではないでしょうか。

タオル、石鹸

では、次は、もっと日常的なもの、日用品を紹介しておきましょう。例えば、タオルや石鹸なんかは、いかがでしょうか。これなら、誰でも日常的に使うものなので、もらって困るということはないのではないでしょうか。消耗品は、もらってうれしくない人はいないものですから、いいのではないかと思い、提案しました。もちろん、その時、シャンプーやコンディショナー、ハンドソープなどなどは、お礼の品物としてのプレゼントには、変ですから、やっぱりあげるとしたら、妥当なのは、タオル、石鹸あたりでしょう。特に女性に喜ばれると思いますが、先にも書きましたように、男性だって、誰でもこれは使うものなので、この際、感謝の気持ちをこめてプレゼントするにはいい品なのではないでしょうか。

文房具

そんなに予算がないという方もいらっしゃることでしょう。ですから、ここでは、もう少し安いプレゼントに関しても私から提案しておきましょう。それは、何だと思いますか。想像してみてください。答えは。。。文房具です。やはり、オフィスワークの場合、文房具は日常的に使うものですから、もらって嬉しいと感じる人は、多いようです。これは、実用的で、もらってすぐにでも使い始めることができますね。具体的に申し上げると、マウスパット、卓上カレンダー、写真たて、名刺入れ、鉛筆立て、万年筆、などはいかがでしょうか。それから、ちょっと文房具とは呼びませんが、お風呂用時計、つまりぬれてもいいお風呂用の時計なんかも、もらって嬉しかったという声をたくさん聞きました。いかがでしょうか。これらも候補に入れてみてください。きっと喜ばれますよ。

まとめ

 

以上のように、退職時のお礼の品の選び方をいくつか書いてきましたが、いかがでしたか。この中から、実際買ってみようと思うものは、ございましたか。それだったら、私も嬉しいです。これらは、実際にもらった人が喜んでいたという統計結果もありますから、私から、強くお勧め致します。是非、最後にこのようなものをプレゼントして、会社での最終日を充実させてください。

退職時のお礼の品の選び方と関連した記事をチェックしたい場合は、就活のジャンルから探すことができます。

退職時のお礼の品の選び方に関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

退職時のお礼の品の選び方
退職時のお礼の品の選び方

トップに戻る