シェア
シェア:

あなたは平均以上?共働きの家庭の平均貯金額

あなたは平均以上?共働きの家庭の平均貯金額

隣の庭は青く見えるものですが、それは貯金額についても言えることです。口には出さないまでも、共働きで高収入ぽい人を見ると、節約、節約で貯金している自分の家を比較して、あらぬ想像をしてしまうものです。実際のところはどうなのでしょうか。共働き家庭の平均貯畜額を知り、今後の貯蓄の進め方について、考えてみましょう。

平成26年度 総務省「全国消費実態調査」にみる平均貯畜額

早速、数字を見てみましょう。まず二人以上の世帯の平均貯蓄額はこんな感じです。((  )内は平均年間収入です。)30代未満は348万円(459万円)、30代は596万円(602万円)、40代は930万円(731万円)、50代は1592万円(848万円)、60代は2133万円(606万円)、60代以上2072万円(462万円)。ちなみに、20代、30代の共働き家庭に限定して平均貯蓄額を数字で見ると、子供がいない場合は541万円、子供が1人の場合は582万円、子供が2人の場合は520万円となっています。

きっと驚かれた方もいるかと思います。さすがに子供が2人にもなれば違いがでてきますが、子供が1人であれば子供がいない家庭よりも多いという事実。子供がいると教育費だ何だと生活を締めなきゃいけないという意識が働くのでしょう。それに対し、やはり大人二人だと、旅行だ、外食だと出費がかさむものなのかもしれません。どちらにしろ、貯蓄が上手く進んでいない方は、共働き家庭であっても、そいう出ない家庭であっても、切りの良いところで、30代であれば600万円、40代であれば950万、50代であれば1600万円を目指せというところかと思います。

確実に貯蓄を進めるためには

ネットサーフィンをしていると、共働き家庭であれば月10万円は貯金すべきだと書いてあるのをよく見かけます。月収の1割が基本と書かれていることもあります。当然、それ以上でも全然平気というご家庭もあるかと思いますが、その反対のご家庭もあるかと思います。目指せ貯蓄平均額とは言ったものの、後者のご家庭だとしても、嘆く必要はありません。家計を見直し、無駄はないか、貯金に回せるものはないかを確認しましょう。そして、月の収入から貯蓄に回せる分を省いた額で生活してみましょう。すぐに挫折してしまいそうな無理な計画ではなく、余裕を持った計画を立てるのが成功の秘訣です。

貯蓄について、もう少し具体的に考えてみましょう

共働きのご家庭で、生活に必要なお金にはどのようなものがありますか。賃貸にお住まいなら家賃、光熱費、水道代、食費、交通費、服飾費、遊行費、お子さんがいるのなら教育費、あとは将来に向けての貯金でしょうか。

例えば、家賃は月収の3分の1とよく言われますが、実際は4分の1か、5分の1にするのが良いという人もいます。家賃は言ってしまえば捨てているお金で、いくら払っても、その家は貴方のものにはならないのが普通です。だから、妥協できるのなら、できる限り安く抑えることを考えた方が良いのかもしれません。

次に、光熱費はどうでしょうか。あちらの部屋でも、こちらの部屋でも、冷暖房に電気という生活をされていたりはしませんか。お子さんの教育の側面から考えても、特に、低学年のうちは、リビングで勉強をさせることは良いこととされています。この際、リビング中心の生活にご家族みんなでシフトさせてはいかがでしょうか。

また、食費は1ヵ月4万円までなら、普通に皆さんしているようです。お昼ごはんをお弁当にしたり、買い出しは1週間に一度と決め二度は行かないようにしたり、お惣菜や外食に頼りがちな方であれば家でお料理することを趣味にされてみても良いでしょう。ご夫婦の生活スタイルにあった方法で、食費を軽減したいものです。

あともう一つ、服飾費はファーストファッション中心で、毎年、買い替えないと恥ずかしくてという状態になっていませんか。働いているのであれば、身だしなみはきちんとしていたいものですが、ある程度、年齢が上がったら、良いものを一つ買って、長く使うことを考えましょう。印象も良くなりますし、長い目で見れば、それが節約につながります。

最後に

その昔、結婚したら女性は家に入るものでした。しかし、今は違います。夫も妻も働き続けるという方が、確実に増えています。にも拘らず、今、まさに活躍している20代、30代の人が老後を迎える年齢になった時、今、老後を迎えている方と同じ生活ができるという保証はどうもなさそうです。だから、総務省などが発表する貯蓄額の平均は一つの目安や目標にするには良いですが、それよりも貯蓄額が低い、高いで一喜一憂している暇など、はっきり言ってありません。しっかり貯蓄して、将来に備えましょう。

あなたは平均以上?共働きの家庭の平均貯金額のようなハウツー記事をもっと読む場合は「お金」のジャンルページからアクセスすることができます。.

関連記事
コメント (0)

あなたは平均以上?共働きの家庭の平均貯金額の記事にコメントを書く

すごく役に立った

あなたは平均以上?共働きの家庭の平均貯金額
あなたは平均以上?共働きの家庭の平均貯金額