シェア
シェア:

知っておきたい!名刺のマナー

知っておきたい!名刺のマナー

皆さんは名刺の正しい渡し方を知っていて、ちゃんとそれを実行していますか。社会人になったらあなたも恐らく自分の名刺を作り、名刺交換をする機会も増えてくることと思います。そんな時、ちゃんとした大人なら失礼のないように、恥ずかしくないように正しいマナーで名刺を渡したいものですよね。そんな方のためにこちらの記事を書きました。こちらの記事では「知っておきたい!正しい名刺の渡し方」をテーマにわかりやすく名刺の渡し方を説明していますから興味がある方は是非読んでみてください。特にこれから社会人になる若いあなた、これは社会の常識の一つでもあるのでこの際、ちゃんと覚えておくとのちのち非常にいいですよ。簡単に読める短い記事なので是非ここでご一読ください。

画像:job-worker.com

年下、目下のものが先に渡す

名刺を渡す時にはやらなければいけないことと、やっていはいけないことがあります。ではまず初めに「やらなければいけないこと」からお話しましょう。名刺を渡す時は、時に2人同時に渡すこともありますよね。その時は年下、目下の人が先に相手に対して名刺を渡さないといけません。つまり先に自分の名前を名乗るということですね。だから目下のあなたは、相手が名刺を出すのを待つのではなく、先に自分が名刺を差し出しましょう。

もしも、目上の方から先に名刺を出していただいた場合、「お先に頂いて申し訳ありません」と言ってはいけないことも覚えておいてください。通常は、まず目下から目上の方に名刺を渡すのが普通です。

名刺を同時に出す場合

名刺を同時に出し始めたら、自分の名刺は相手が出してきた位置より、下に出すようにしましょう。そうすることであなたの謙虚な姿勢を表すことができるのです。相手もこれを見たら気持ちよく感じるはずです。「ああ、この人は名刺を渡す時の正しいマナーがわかっているなあ」と思ってくれることでしょう。相手が名刺を出してきた高さを覚えておいてそれより下に出すように心がけてください。

曲がった名刺は渡さない

ではここから名刺を交換する時にやっていけないことをお話しましょう。色々あるのですがまずは、相手に名刺を渡す時、折れていたり、曲がっていたり、汚れている名刺は渡さないようにしましょう。当たり前のことですが、それを時々忘れている人がいるので、あえてここでは書いておきました。汚れていたり、折れている名刺をもらった側はどんな気持ちになるでしょうか。あなたもちょっと考えてみてください。気持ち良いことではないですよね。ですからきれいな一番いい名刺をあげるようにしましょう。相手に渡す前にあなた自身が自分の名刺を裏表よく見てみてください。確認お願いしますね。

初めから手に準備しておく

名刺を渡す時、相手の目の前で財布とか名刺入れから抜き出して渡すのは失礼にあたりますからしないようにしましょう。ですから、名刺交換をするとわかっているなら、名刺は初めから用意しておいて手元においておきましょう。手に持っておいて、相手に挨拶するとスムーズいきますからいいですよ。そうでないと相手の顔を見てから、かばんの中をゴソゴソして財布を探したり、名刺入れを探したりしているとかっこ悪いです。これをしないように気をつけてください。

ロゴを指で押さえてしまわない

それから、名刺を受け取る時、相手の会社のロゴや名前の上に指を乗せないようにすることです。なるべく端をもって、指がロゴなどにかからないようにしましょう。これは気をつければできることなので、次にあなたが名刺をもらう時意識してやってみてください。ただし緊張して手が震えてしまわないようにしましょう。

名刺に書き込みをしない

それから名刺をもらったらそこに相手の目の前で書き込みをしてはいけません。それをしてしまったら失礼に当たります。ですから例え「相手の名前の読み方が難しいから振り仮名をふっておきたい」と思っても、もらった名刺に相手の前でメモを入れるのは控えましょう。それはあとで相手が見えないところでやりましょう。

確かにあなたも逆の立場に立って考えてみてください。名詞は大切なものですね。そこにペン書きで何か書かれたらやっぱりちょっと不快な思いをしませんか。ですから書くのはやめましょう。

机をはさんで名刺交換をしない

最後にもう1つやってはいけないことを紹介して終わりにしましょう。それは名刺を相手と交換する時、机越しに交換しないことです。当然、名刺交換となれば立ち上がって交換すると思うのですが、その時下に机がありませんか。確認してください。机をまたいで名刺交換するのは失礼です。ですからあなたから相手側のサイドにまわり、それで名刺を渡しましょう。覚えていますか。名刺を先に出すのは目下のあなたですよ。こうやって名刺交換をするようにしましょう。そうすれば、まずは間違えないでしょう。

まとめ

以上のように「知っておきたい!正しい名刺の渡し方」についてこちらの記事を書いてきましたがいかがだったでしょうか。あなたもこれで正しい名刺の渡し方について知ったので、これを実行すれば恥をかくことはありませんよ。ですからここに書いてあることを頭に入れて名刺交換をしてみてください。あまりに緊張しすぎて名刺を手から滑らせて、落としてしまうことがないように気をつけてください。

知っておきたい!名刺のマナーと関連した記事をチェックしたい場合は、就活のジャンルから探すことができます。

コメント (0)

知っておきたい!名刺のマナーに関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

知っておきたい!名刺のマナー
知っておきたい!名刺のマナー