シェア

社会人のための貯金のコツ

 
投稿者 福山真子. 更新された: 16 1月 2017
社会人のための貯金のコツ

節約して誰でも、貯金したいものですよね。何かの時、つまり念のためのお金も必要でしょうし、または目的があってお金を貯めている人もいることでしょう。特に、社会人になったら、しっかり貯金したいですよね。学生のときのように、親からお小遣いをもらうのではなく、自分の汗を流して、稼いだお金ですから、賢く貯金したいですよね。社会人になると、一人暮らしをし始める人も多いことでしょう。節約して貯金したいのに、何から始めたらいいのか、わからないとお困りではありませんか。または、そんなことでお困りの友達が周りにいませんか。ここでは、社会人のための節約方法をご説明しましょう。

食費

色々な場面で節約できますが、ここではまず、食費の説明をしましょう。食費は、どうしても毎日、かかるものだし、食費を使わずには生きていけませんね。そこにこそ、節約のポイントがあるんです。まずは、ご存知で、もうしている人も多いと思いますが、自炊をしましょう。やっぱり、自炊するとしないとでは、お金に出費が違ってきます。レストランにいくと、少なくとも、一食500円はかかるでしょう。自炊したら一人分100円以内で、できることは、たくさんあります。また、友達のお手伝いをしたり、何か、協力したら食事をおごってくれる人がいるかもしれません。食事までは、おごってくれないにしても、お茶やコーヒー、ケーキくらいは、うまくいけば食べさせてもらえる可能性があります。こうして、たった100円でもコツコツ節約して、貯金していきましょう。また食費に関係したもので、飲み代についてもここで、ちょっと述べさせて頂きたいと思います。社会人になると、また学生のころより、一層、飲みに行く機会も増えることでしょう。そして学生のころとは違い、少しいい感じの雰囲気がある居酒屋に行ったり、オシャレなバーに行ったり、と色々と同僚、上司との断れない付き合いも増えていくことと思います。そんな場面でもやっぱり賢く節約したいですよね。その場合、レストランやバーに行く時、必ずクーポンや割引、何か特典がないかインターネットで調べていくようするといいでしょう。また「幹事は無料」という特典がついている居酒屋、レストランなんかもありますから、そんなときは、率先して、幹事役を引き受けるといいでしょう。もちろん、幹事は、会計、場所きめ、出欠確認など、面倒な仕事が多いですが、やればやるほど慣れていきますよ。

家賃

次にご紹介する社会人の節約方法は、家賃をなるべく抑えるということです。これは、特に一人暮らしの人に関して言えることですが、やっぱり何といっても、給料のほとんどが家賃にもっていかれているのが事実ではないでしょうか。その家賃を抑えるんです。つまり高い物件にすむのではなく、安いところを探してすむようにしましょう。たいてい、駅から遠かったり、古かったりすると、家賃は比較的安いものです。駅からの遠さ、古さは気にならない方なら、そういう場所に引っ越して、少しでも家賃を浮かせて、貯金してみるようにするのは、いかがでしょうか。駅から、遠かったら、自転車を使えばいいし、自転車ない人は、歩けばいいだけのことです。歩くのを面倒くさいと思うのではなく、「いい運動だ。これでジム代も浮いている。得したなあ」と考えるだけで、ずいぶんと変わってきます。ですから、そう考えたら、駅から遠くても苦になりませんよね。古い物件は、安いというメリットがあるし、なんだか趣があって、それは、それでオシャレでいいじゃないか、と考えると気が楽になるでしょう。何でも古いものを大切に使うことは、大切です。これで家賃代を抑えて、貯金に、回しましょう。

ネット代

次にご紹介する社会にできる節約方法は、ネット代、電気代などの節約です。ここにも節約できる場面がいくつかあるのを、ご存知でしたか。例えば、インターネット。これは、今では、必須のアイテムになりましたね。だから、持っていないと友達とつながれないし、仕事もできないし、色々と困ることもあるでしょう。だから、私は何も「インターネットをするな。携帯を持つな」といっているわけでは、けしてございません。言いたいことは、ネットの使う頻度を減らして、または使用時間の長さを減らして、インターネット代を減らすことです。家ではネットはやらないようにして、地元の公共図書館や、友達の家、学校、会社、インターネットカフェなどなどで、使うようにすると、その分、家のネット代、電気代節約になるでしょう。もちろん、勝手にインターネットを使ってはいけない場所、失礼になる場所もあるでしょうから、そのへんの自己管理は、あなたにお任せしますから、気をつけてください。充電も家の外でするようにしたら、その分、ほんのちょっとではありますが、電気代が浮くということです。こうして小さな積み重ねをしていくことが、節約には大切なんです。

ATM手数料

次に社会人にお勧めしたい節約方法は、銀行やATM手数料を払わないようにするということです。家賃、光熱費、習い事、仕送りなどなど、色々な場面でお金を振り込みする機会は、ありますね。その時、100円でも200円でも手数料を取られたことは、ございませんか。誰でも一度はそんな経験があることでしょう。でも銀行の手数料をよく調べて、見てみてください。手数料を払わず、ちゃんと入金できる方法はあるんです。ですから、それを利用して、なんとか無駄なお金を払わず、節約するようにしましょう。

交際費

最後になりましたが、ここで紹介したい節約方法は、交際費です。これも、なんだかんだ言って、お金の出費が多いものですよね。何も私は交際を払わないために、誰ともかかわるな、交際するな、と言っているわけでは、ございません。しかし、何人もの友達と広く浅く遊ぶのではなく、親友を一人作れば十分でしょう。親友を一人だけ持っていたら、広く浅い友達を10人持つよりいいのではないでしょうか。なるべく、疲れるような、気を使うような友達との飲み会は、行かず、節約しましょう。無駄に労力とお金だけ、減っていくばかりです。

まとめ

以上、社会人の節約方法を説明してみましたが、いかがでしたか。少しでもお役に立てていたら、幸いです。

社会人のための貯金のコツと関連した記事をチェックしたい場合は、お金のジャンルから探すことができます。

社会人のための貯金のコツに関してコメントを残す

あなたは記事をどう思いましたか?

社会人のための貯金のコツ
社会人のための貯金のコツ

トップに戻る