menu
シェア

内定のお礼メールの書き方と例

投稿者 Kollama Yujiro. 更新された: 16 1月 2017
内定のお礼メールの書き方と例

厳しい就職活動を通して、念願の企業から内定を勝ち取った時の喜びはなんとも言えませんよね。後は残り少ない学生生活を満喫するだけ!しかし、その前に、内定をもらった企業へのお礼メールを忘れないように送っておきましょう。その会社の仲間入りをするわけですから、失礼のないようにビジネスマナーを守って対応したいですよね。今回Hohoron.comでは、内定のお礼メールの書き方と例をお教えします。また、選考過程によって気を付けるべきことや書き方のポイントが異なりますので、コツを抑えて状況に応じたメールを送るようにしましょう。

従う手順:
1

何故お礼メールを送ると良いのか

企業は選考に多くの時間を割くことになります。多くの人の中から企業に是非引き入れたい人を、選考を通して選んでいきます。内定をもらったということは、あなたはその企業から認められ、入社の権利を勝ち得たと言えます。同時に、他社の選考状況にもよりますが、あなたはこの会社に入社する可能性があります。内定後のお礼メールを送ることは、入社後の人間関係を円滑にし自分自身の評価を少しでも良くするというメリットがあります。通常、内定後のお礼メールはルールではないため、送らない人が多く、他の学生との差別化も狙えます。「この学生はしっかりしている」「常識がある」と評価してくれる可能性が高いのです。特に人事担当の人数が少ない企業の場合は、それらの情報がすぐに広まりますので、入社後も有利に働く可能性が高いのです。このように、重要なのは配慮ある対応ができ、常識があるということです。

内定のお礼メール以外にも、内定辞退のメールの書き方と例もご参照ください。

これから、その会社の社員として働く可能性があるわけですから、少しでも好印象を与えられますし、メールを送るのに時間やコストはかかりませんので、是非内定後はお礼メールを送るようにしましょう。

内定のお礼メールの書き方と例 - ステップ1
2

内定のお礼メールの書き方のポイント

下記がお礼メールの例文です。参考にしながら、お礼メールの書き方のポイントを見ていきましょう。この例文に即してメールを作れば、初めてでも簡単にお礼メールがかけるようになります。

3

(件名)採用内定のお礼【○○大学 山田花子】

(本文)

株式会社○○

人事部 人事担当 ○○○○様

 

いつもお世話になっております。

○○大学○○学部○○学科の山田花子と申します。

この度は、内定のご連絡をいただきまして、誠にありがとうございます。

心より感謝しております。

一日も早く、貴社の戦力として活躍できるよう、精一杯努力します。

まだまだ至らない点もあるかと存じますが、今後ともご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

取り急ぎ、内定のお礼を申し上げたく、メールをさせていただきました。

 

○○大学○○学部○○学科

山田花子

Mail:○○○○@○○○○.jp

phone:○○○-○○○-○○○○

mobile phone:○○○-○○○○-○○○○

内定のお礼メールの書き方と例 - ステップ3
4

①メールの件名

メールの件名は必ず入れます。ビジネスにおいては常識です。ただでさえ、人事担当者は数多くの学生とやり取りします。どの面接か、誰からのメールかが分かるように分かりやすい件名をつけるように心がけましょう。

5

②宛先

会社名や役職などは、頂いた名刺や資料を確認し、間違えないようにしましょう。間違えがあると大変失礼です。気をつけましょう。

6

③挨拶

相手への挨拶は「いつもお世話になっております。」や「突然のメールで失礼いたします。」などが良いでしょう。

7

④名乗り

ビジネスマナーの基本です。学部や学科名が長くわずらわしい場合は、大学名と氏名だけでも大丈夫です。

8

⑤お礼

まずは内定に対してのお礼を述べ、メールの目的や趣旨を伝えます。内定をもらったことへのお礼と感謝の気持ちを述べます。

9

⑤意気込み

入社後の決意や意気込みを伝えることで、感謝の気持ちがより伝わります。また、これから新入社員として一から仕事を教えてもらうのですから、「これからよろしくお願いいたします」という一言があるとさらに良いでしょう。

10

⑦締めの言葉

一般的なビジネスメールの締めの言葉です。その日のうちにメールを送る場合は「取り急ぎ○○のお礼を申し上げます」というのが定型文となりますのでこれでメールを締めましょう。

11

⑨署名

通常自分が使っている署名で構いませんが、例を参考にビジネス用の署名を使ってください。顔文字などが入っているプライベート用の署名は使わないようにご注意ください。

12

いかがでしたでしょうか。内定のお礼メールは例文と書き方のポイントさえ押さえておけば、簡単に書くことが出来ますので是非参考にしてみてください。内定をもらった会社に入社した場合、仕事仲間となるわけですから、会社の一員としてスムーズに溶け込めるように、内定のお礼メールを送るとよいでしょう。また、選考過程でお世話になった社員がいれば、その方にもお礼メールを送っておくとさらに良いでしょう。内定はゴールではなく、入社に向けての第一歩ですので、入社後の自分が気持よく仕事が出来るためにも、お礼メールを通して関係を築いておきましょう。

また、内定を取る以前の就活時の面接でのマナーを知りたい方は面接日程変更の依頼メールの書き方と例などの記事も役に立つと思うので参考にしてください。他にも、面接のお礼メールの書き方と例はこちらをご参照ください。

その他にも、Hohoron.comでは、就活に関して役に立つ情報を豊富に発信しています。面接選考辞退のメールの書き方と例面接の日程通知に対する返信メールの書き方はこちらをご参照ください。

内定のお礼メールの書き方と例 - ステップ12

内定のお礼メールの書き方と例と関連した記事をチェックしたい場合は、就活のジャンルから探すことができます。

の記事にコメントを書く

あなたは記事をどう思いましたか?
内定のお礼メールの書き方と例
41
内定のお礼メールの書き方と例

トップに戻る